Top Message

『 ALL WIN 』を掲げ
お客様、協力会社様、社員の皆様、
株主様すべてのステークホルダーが
関わって良かったと思える会社でありたい。

代表取締役 社長伊藤 隆幸

TAKAYUKI ITO

24年の歩み

 1996年6月に創業した弊社ですが、1997年度からの2019年度の23期を黒字決算で終えた事は一重にお客様、協力会社様、社員の皆様、株主様のお陰です。1999年バブル崩壊、2001年アメリカ同時多発テロ、2008年リーマンショック、2011年東日本大震災と幾多の困難に見舞われましたが、お客様、協力会社様、そして社員の皆様の結束力のお陰で乗り切り結果的に黒字決算をする事が出来ました。これからもより一層、健全な経営を目指します。

更なる挑戦

 現在、持ち株会社クエリーホールディングス及び3社の事業会社があります。(株式会社クエリー、株式会社キューマークス、コミッションダイバー株式会社)グループ各社の特徴を生かしお客様に最善のご提案ができるように活動しております。2024年度末にはグループ売上50憶円を目標にグループ各社、全社員一丸となり努力してまいります。



 2019年に発生した新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界経済の先行きが不透明感を増していますが、AIの活用でロボットテクノロジー、バイオテクノロジー、自動車運転、金融、証券、保険とあらゆるビジネスに変革をもたらそうとしています。10年先5年先いや1年先でさえ分からない変化が速い時代に恐れる事なくリスクを取り攻めの経営を目指します。『情報技術で社会に貢献』の志を忘れず全力で取り組んでまいります。



 今後とも、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


代表取締役 社長 伊藤 隆幸

PAGE TOP